ホール時計

日本では童謡の大きな古時計という歌がリメイクされ流行った時期がありました。ホール時計とはまさにその大きな古時計に出てくる振り子の時計のことです。今ではもうこういったホール時計のような時計を置く家庭はすくなくなってきましたが、リメイクされた歌によりコアなアンティーク好きのファンの層を確立しはじめました。歌にはおじいさんとホール時計の人生に関するような歌詞が見受けられることから幅広い年代にヒットしました。

ホール時計とはホールクロックの事で、屋内に設置してある、縦長の大型時計の事です。昔は、小学校や中学校に必ず一つは、校内にあったのを覚えています。そうしたホールクロックの多くは、何かの記念の際に送られたもののようで、側面に、記念名と送り主の名前が入っていたのを覚えています。しかし、最近では学校の在り方も随分変化したためか、あまりホールクロックを置く学校を見かけなくなった気がします。 支持なしに立っているトールケースクロック、床時計あるいは一般に呼ばれるグランドファーザー・クロック(それは高い)が、振り子を備えた運転された振り子時計に重みを加えるとともに、ホール時計 も呼びました、その場合のタワーの場合かウエストの内部でもちました。時計のこの種の共通の高さは高さ1.8-2.4メーター(6-8フィート)です。彫刻でしばしば設計されたか、フードかボンネット上の装飾を埋め込まれた時計の場合、それは囲む、そして構造、ダイヤル、あるいは時計顔。ほとんどのホール時計 、時計を打っている、それは時計が毎時間鳴ることを意味する、あるいは1時間の数分の1。英国の時計技師ウィリアム・クレメントは1670年にこの形式の開発を称賛されます。
祖父、祖母と孫娘という用語はすべてホール時計に適用されました。これらの用語上に特定の定義された違いがありませんが、一般的な一致は、5フィートが5フィート以上孫娘であること未満の時計が、祖母で、6フィート以上に祖父であるであるように見えます。ホールクロックは日本でもしばしば見かけますが、マンションなどの集合住宅の普及によって、置き場がないという理由から最近ではあまり見かけなくなったように思います。日本の住宅事情としては、海外に比べてスペースが狭いことが挙げられます。ホールクロックにも様々な種類があり、実用的なインテリアとしてもぜひおいて欲しいものです。昔ながらの木の枠組みのものだけでなく、全面ガラス張りなどのシンプルでおしゃれなものもたくさんあります。値段も安いものでしたら、10万円以下で購入することができますし、なんといっても普通の時計と違い、電池式でなければ100年以上も使用が可能な大変エコな時計です。

アンティーク時計は、大切に使えば世代を超えて「一生」使用できる時計です。ただし、長く使用するにはメンテナンスがとても重要となります。メンテナンスを行うに当たり、長く同じお店で修理してもらえるよう、自分で信頼できるお店を見つけておくのもお勧めです。これから購入する場合は、後のアフターケアがあるお店で購入すると安心です。長く使いたくなるような愛着が湧いてくるホール時計やアンティーク時計が見つかるといいですね。但し、長いこと修理や掃除ををせずに放置していると、パーツに不具合が生じてきて動作しなくなってしまうことがあります。アンティーク時計の部品は同じものが探しにくいので、余計に手間暇がかかり、お金もかかってきてしまいます。適度にメンテナンスをしてあげることが長く愛用する秘訣です。

用語「グランドファーザー・クロック」の起源

19世紀に、ジェンキンズという名の2人の兄弟がPiercebridge、ダーラム、英国郡の中のジョージ・ホテルでマネージャーとして働きました。兄弟のうちの1人は死にました、そして、物語によって、ヘンリー・クレーに伝えた、1875年で働く、ジェームズ・トンプソンによって作られた時計は時間を浪費し始めました。修理はホテル・スタッフおよびローカルの時計技師によって試みられました。しかし、その試みは失敗しました。別の兄弟が90歳のときに死んだ時、時計はすべて故障し、兄弟の記憶の中で修理されませんでした。
ヘンリー・クレー仕事は、1876年(それは呼んだ)にこの時計の話に関する歌を書くことを決定しました「私の祖父時計。歌はポピュラーになりました。また、それは現代用法が引き出すこの歌からです。日本では大きな古時計という曲名がつけられており、日本人なら誰でも知っているのではないでしょうか。様々な歌手がカバーしていたりと、大変馴染みの深い名曲です。ホールクロックの特徴通り、おじいさんが小さな頃から天国へ登るその時までの長い年月時を刻み続けた時計をモチーフにしたこの曲ですが、実は原曲と日本語訳では少々違いがあるようです。日本語の歌詞で100年休まずに・・とありますが、原作では90年休まずに・・だそうです。また、メロディーにも違いがあるようで、現在日本で

グランドファーザー・クロックに関して

「グランドファーザー・クロック」」ホール時計のための俗称である、長い振り子および重量を備えた時計。グランドファーザー・クロックのスタイルは時計メカニズムおよび時計の場合のデザインおよび装飾の両方に依存します。ホール時計 は1670のまわりで作成され、もとは非常に高価な特注のアイテムでした。グランドファーザー・クロックは、約1800から上に大量生産されました。また、より短い振り子時計も開発されました。振り子時計は、最後に1960年代にクオーツ技術によって余分になりました。しかしながら、グランドファーザー・クロックは、今日、伝統工芸としてまだ作られます。

ホール時計 (さらにトールケースクロック、床時計あるいはグランドファーザー・クロックとして呼ばれた)は、揺れる振り子によって動力が供給された高く独立している時計です。振り子は、その場合のウエストあるいは時計のタワーの内部で保持されます。これらの時計は一般に高さ約6~8フィートです。時計のこの形式、時計技師、ウィリアム・クレメントによって1670年代に作成されました。童話では狼と七匹の子ヤギの一匹が時計の振り子室に隠れるという場面があります。

この話はグリム童話の一つであり、このことから古くから振り子時計は市民に親しまれていたことがわかります。飾りとして動く振り子が付いたクォーツ時計もあります。振り子駆動の消費電力がクオーツ時計の消費電力よりはるかに大きく、振り子駆動と時計駆動の電池を共用すると時計としての電池寿命が振り子駆動に引きずられ短くなってしまうため、振り子駆動と時計駆動には容量が異なる別の乾電池が必要になってきます。

府中の株式会社プレミア ロレックス オーバーホール 44 6/4

Copyright © 2010. All rights reserved. ホール時計 .